不動産の売却に関する仲介と買取の違いについて詳しく説明

不動産の売却に関する仲介と買取の違いについて詳しく説明

新居購入のための不動産売却

新しい住まいを購入するための資金を捻出するのに今住んでいる住宅を売却しようとするのはよくあることです。

中古戸建やマンションを購入するための頭金を作るために既存の住宅を売りたいと考えるのはごく普通のことですし、実際にこのようにして購入費用の一部を賄う方は少なくありません。

ただ、不動産を売却する方法は大きく分けて仲介と買取の二つがあります。

この二つの方法の性質についてきちんと理解しておかなければなりません。

不動産売却における仲介とは

八尾市で人気の高い評判の不動産屋だと仲介と買取、どちらにも対応していることが多いですが、仲介というのは売主から売却を委託されることです。

不動産会社がプロモーションを行うことで買主を募り、成約したら不動産屋に仲介手数料を支払うことになります。

一般的に仲介のほうが買取よりも高額での売却が可能となりますが、タイミング次第ではなかなか売れない、もしくは完全に売れ残るというリスクもあります。

メリットとデメリットどちらも覚えておきましょう。

不動産売却における買取とは

不動産の買取というのは直接不動産会社が物件を買取ることです。

仲介のように不動産屋が買主を探すようなことはなく、不動産業者自体が買主になるのが買取の大きな特徴と言えるでしょう。

その性質上すぐに物件を売却することが可能となりますし、即金性に優れていることも買取の魅力であり特徴です。

すぐにでも物件を売ってお金にしたいという方には買取がおすすめですが、仲介よりも売却額が安くなってしまうケースが多いですからそこは注意してください。

サイト一覧