不動産の購入を決める前に知っておこう!不動産取得税の対象者と計算方法

不動産の購入を決める前に知っておこう!不動産取得税の対象者と計算方法

不動産取得税の対象者

不動産を購入する際には不動産取得税について知っておく必要があります。

不動産取得税とは、固定資産税などのような毎年納税義務が発生する税金ではなく、不動産を購入した際に一度だけ納税義務が発生する税金です。

よって、新たに不動産を購入したすべての人は不動産取得税の対象者となります。

ただし、相続によって新たに不動産を取得した場合、対象者とはなりません。

新築住宅の不動産取得税の計算方法

不動産取得税は建物と土地のそれぞれに対して課され、計算方法はそれぞれで異なります。

建物が新築である場合の計算方法は、建物の不動産取得税が「固定資産税評価額-1,200万円×3%(標準税率)」、土地の不動産取得税が「(固定資産税評価額×1/2×3%)-控除額」です。

ただし、標準税率は地域によって異なる場合があるため注意が必要です。

中古住宅の不動産取得税の計算方法

不動産が中古のものである場合、不動産取得税の計算方法は異なります。

この場合、建物の不動産取得税は、「(固定資産税評価額-控除額)×3%(標準税率)」、土地の不動産取得税は「(固定資産税評価額×1/2×3%)-控除額」となっています。

中古不動産の場合、標準税率の違いだけでなく築年数などの条件によって税額は大きく変わるため、購入時から詳細な税額を計算しておくのがおすすめです。

サイト一覧