八尾市の不動産会社も人気!リノベーションに適した中古物件の選び方

八尾市の不動産会社も人気!リノベーションに適した中古物件の選び方

欠陥のある住宅や違法建築ではないか

不動産会社を通して中古物件を選ぶ際に重要なのは、住宅に欠陥がないか、違法建築ではないかの確認です。

例えば、建具の動きが悪いと隙間から風が入ってきたり開閉時に大きな音がしたりします。また、外壁に大きなひび割れがある場合は、雨水が内側の壁へ浸透して腐っている可能性があります。

住んでから困らないように、中古物件の選び方には注意が必要です。

希望の間取りにできる構造か

希望の間取りにできる構造か確認しておくことも大切です。

リノベーションを行う一番の目的は自分の理想の住まいを手に入れることであり、最大の魅力は新築より安く理想を実現できることでしょう。予定していた間取りにできない構造の物件では、理想の住まいを手に入れることができません。

建物の構造を事前にチェックしておきましょう。

耐震強度は基準を満たしているか

地盤調査の義務化や耐震性の強化について、法改正が行われたのは2000年なので、できれば2000年以降に建てられた物件を選んだほうが安心です。

ただし、2000年以前に建てられた物件でも、1981年以降の建物であれば耐震性の問題はないでしょう。

耐震強度が基準を満たしているかの確認はかなり重要なポイントです。

サイト一覧