不動産購入者に大阪のベッドタウン八尾市が人気の理由とは

不動産購入者に大阪のベッドタウン八尾市が人気の理由とは

閑静な住宅街が広がり緑も多い

中核市である八尾市は、大阪市の中心部にある会社などへ勤める人にとってのベッドタウンとして発展したという経緯があり、市内には閑静な住宅街が数多く存在します。

また、八尾市には「みどり課」と呼ばれる部署があり、市内ではこの部署によって公園をはじめとした自然の管理がしっかりと行われています。

そのため、市内には多くの緑が広がっており、休日にリフレッシュができるような場所も多いことから、八尾市自体への人気も高まりを見せています。

都心より価格が安い

大阪府内でも居住エリアとしての人気が高い大阪市の中心部は、賃貸物件の家賃や不動産の販売価格が非常に高く、多くの人にとっては手の届かない存在となっています。

しかし、八尾市はベッドタウンであることから不動産の数が多く、また、大阪市の中心部から若干離れているため、賃貸物件の家賃や不動産の販売価格は若干安く設定されています。

このことから、大阪市の中心部にある不動産に手が届かない層でも手が届くという点も八尾市の不動産の人気が高くなっている理由のひとつといえます。

複数の路線が乗り入れているのでアクセスが良い

八尾市内にある主要駅のひとつであるJR八尾駅は大和路線で天王洲に直結しており、大阪市の中心部から乗り換えなしでアクセスすることができます。

また、八尾市内には近鉄大阪線が乗り入れている近鉄八尾駅や、地下鉄谷町線が乗り入れている八尾南駅などもあり、市内へは複数の路線からアクセスできるようになっています。

このように八尾市には電車によるアクセスが良いというメリットもあり、このことも人気の理由のひとつとなっています。

サイト一覧